就活でマイルを稼ぐ

sfc取得を目指す地方都市在住者のブログ

ANAマイルとJALマイル、どっちを貯める?

マイルは各社共通ではないため、効率よく貯めて使うにはANAJALのどちらかに絞ることが必要です。

巷の陸マイラーブログの殆どは、ANAマイルを貯めることを推奨しています。多分に漏れず、私もANAマイルを貯めております。

しかし、多くの学生におすすめできるのは、

実はJALマイルです

この理由と、なぜ私がANAマイルをためているかについて説明していきます。

 学生がJALマイルを貯めるべき理由はただ一つ。

学生特権で少ないマイルで航空券に交換できるから

これに尽きます。

国内線だと、石垣・宮古島路線以外は、片道3000マイル、往復6000マイルで航空券と交換することができます。6000マイルあれば東京-沖縄往復ができるんですよ!これは驚異的な少なさです。

JALの学生カードでは100円の利用で1マイル貯まりますので、60万円カード払いすれば6000マイル貯まります。月に5万円カードを使う人であれば1年で貯まる計算です。

その他に飛行機に乗った時に貯まるマイルや、ポイントサイトで貯めるマイルも考えると、年に何回も旅行をすることが可能です。

 

対してANAで国内線航空券の発行に必要なマイル数は、片道5000~11500マイル、往復10000~23000マイルです。リンク先を見て頂ければ分かるとおり、東京-沖縄往復だとレギュラーシーズンで18000マイルも必要です。3倍ですよ、3倍!!圧倒的にJALが有利であることがお分かりいただけると思います。

 

ではなぜ大人たちはANAマイルを貯めるのでしょうか?2つの理由があります。

JALの学生特権が無いため、航空券発行に必要なマイル数はANAと同程度

②ポイントサイト経由で貯まるマイルは、ANAが1.8倍多い

以上の理由から、社会人にはANAが有利なんです。

 

私がANAのマイルを貯めている理由は…

社会人のブログを参考にANAマイルを貯めはじめ、今年はANAの永久上級会員資格(sfc)を得るためにANA縛りで沢山搭乗するという修行を行っているから。

要は、JALの学生特権をつい最近知ったけど、もう戻れない(;;)ってことです

 

永久上級会員資格(SFC)とは、搭乗口付近にあるビール飲み放題のラウンジが使えたり、混んでいる一般カウンターを横目に優先カウンターが使えたり、預けた荷物がターンテーブルに最初の方に出てきたり、予約のキャンセル待ちが優先される…などというささやかな幸せが味わえる資格です。

今はそこまで必要性を感じませんが、医師になって時間に余裕がない時に大活躍してくれる資格だと思って獲得を目指しています。学会も多いですし!

 

学生はJALマイルを貯めろと言いましたが、上級会員資格の取得を考えている人は、ANAでもJALでも、将来的に多く利用しそうな方を貯めるべきです。卒業してJAL学生特権が無くなった時の事を考えて、ポイントサイトに有利なANAでマイルを貯めるのもアリだと思います。

 

JALの学生特権を利用するには、学生カードであるJALカードnaviを発行する必要があります。これもハピタスを経由して発行すると2400pt(2017/3/18現在)もらえます。

2400ポイントは、JALマイルだと1200マイル、ANAマイルだと2100マイルに交換することが可能です。その他にもアマゾンギフト券や楽天スーパーポイント2400円分に交換することも可能です。

ハピタスに関しては他の記事に詳しく書きますので、そちらも参照してください。